• CEX 取引所
  • 国内海外暗号資産(仮想通貨)取引所

【MOVEZ】アプリリリース日はいつ頃?今後のスケジュールとステーキング情報!

MOVEZとは業界大手VC(ベンチャーキャピタル)である、Bluezilla(ブルージラ)が出資、開発を手掛けていることでも話題になっている、今話題のM2Eアプリです。

今月6月10日に大手暗号通貨取引所(CEX)5社へ上場を果たし、公式サイトにおいてステーキングを開始、

22日深夜には、3倍の価格高騰を見せており、STEPNに次ぐM2E銘柄として注目を集めています。
また、BYBITへの新規上場を記念してMOVEZの積立ステーキングキャンペーンを開催、最大年間利回りが666%と、高利回りであることも影響して非常に話題なプロジェクト!

MOVE Z公式サイト:https://www.movez.me/

最近MOVE Zがステーキングを開始したみたいだけど、
そもそもステーキング自体やった事ないという人に有益な記事です。

この記事を読んで分かること

  • MOVE Zトークンの購入方法
  • ステーキングのやり方
  • MOVE Zの今後のロードマップ
  • MOVE Zのアプリの特徴

MOVE Zおさらい所

アプリ名MOVE Z
トークンMOVE Z
現在の価格(2022年6月30日現在)0.0224ドル(約3円)
時価総額$ 9,112,414(約12億円)
時価総額ランキング700位
公式サイトhttps://www.movez.me/

価格は6月10日の上場から順調に出だしはかなり好調で、一時は2倍以上に高騰する場面もあったようです。

しかし、直近のMOVEZの値動きは直近では価格が下がっているのが分かりますね。

アプリのリリースが間伸びしているのでその影響かもしれませんが、公式の予告では今月末か来月頭にはリリースされるはずなので、期待して待ちましょう。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/movez/

MOVEZのゲームの詳細は下記の記事を参照してみて下さい。

MOVE Zが購入できる暗号通貨取引所

現在MOVEZトークンが購入できる取引所は下記の5社です。

中でもBybitはメールアドレスとパスワードのみで口座を開設することができるため、新規のユーザーも比較的作りやすい暗号通貨取引所になります。

  • Bybit
  • OKEx
  • Uniswap
  • MEXC
  • Gate.io

また、基本的に上記の取引所を利用する際は国内の暗号通貨取引所を経由しないとトレードできないため、
国内の取引所の口座を開設していない人はこれを機にどちらも開設する必要があります。

GMOコインは送金手数料が0円で手数料が他の取引所と比べても比較的安いので、
海外取引所とのトレードが発生する際は特にオススメです。

GMOコインの口座開設の解説は以下の記事を参考にしてみて下さい。

MOVE Zトークンの購入方法

MOVEZトークンは先程紹介した5社の暗号通貨取引所で購入することが可能です。

MOVEZトークンの買い方からステーキングまでの流れ

1.USDT購入
⚫️購入するオススメ取引所はBYBIT
 1.クレカでUSDTを購入
 2.国内取引所からXRPをBYBITへ送金→USDTに交換
 3.メタマスク、バイナンスなどの取引所からbybitへUSDTを送金する

2.MOVEZ購入
・USDT建てでMOVEZトークンを購入
3.MOVEZをメタマスクに移動
・取引所からメタマスクのアドレス宛てに送金(バイナンススマートチェーン)
・Bybitからメタマスクに送金する際は※BEP20を選択
※ERC-20規格のトークンを拡張したバイナンススマートチェーン上のトークン規格で、異なるチェーン間のやり取りを行うことができます。
MetaMask ApplePay ETH 仮想通貨購入
4.MOVEZステーキングページとメタマスクを接続する
MOVEZステーキングページにアクセスし、メタマスクとステーキングページを接続させる
・画面右上の接続ボタンをクリックし、メタマスクを選択

MOVEZ Tierのレベル紹介

現状ステークしたMOVEZトークンの量に応じてTier(階層)が振り分けられるため、

MOVEZに将来性を感じて、高額のリターンを狙うのであれば500,000枚のMOVEZをステークし、Tier1を狙いにいくと良いでしょう。

ARR(年換算利回り)= 83%なので、1年間継続して預け入れておけば約125万受け取ることができます。

●Tier1
条件:MOVEZトークンを500000枚


1日の消費カロリーの上限:500キロカロリーまで


1週間の獲得収益の上限:約1757ドル


招待コード:3枠の紹介コード

ブーストボーナス:約3500ドル

EARNZ(暗号資産)のエアドロップ(無料配布)を受けることができる

●Tier2
条件:MOVEZトークンを225000枚ステーク

1日の消費カロリーの上限:400キロカロリーまで

1週間の獲得収益の上限:約756ドル

紹介コード:2枠の紹介コード

ブーストボーナス:約1512ドル

EARNZ(暗号資産)のエアドロップ(無料配布)を受けることができる

●Tier3

条件:MOVEZトークンを125000枚ステーク

1日の消費カロリーの上限:300キロカロリーまで

1週間の獲得収益の上限:約439.5ドル

紹介コード:1枠の紹介コード

ブーストボーナス:約987ドル

●Tier4

条件:MOVEZトークンを10000枚ステーク

1日の消費カロリーの上限:200キロカロリーまで

1週間の獲得収益の上限:約56ドル

招待コード:発行されない

ブーストボーナス:約112ドル

●Tier5

条件:MOVEZトークンを1000枚

1日の消費カロリーの上限:50キロカロリーまで

1週間の獲得収益の上限:約10.5ドル

招待コード:発行されない

ブーストボーナス:約21ドル

●Tier6

条件:課金なしで誰でも参加可能

1日の消費カロリーの上限:20キロカロリーまで

1週間の獲得収益の上限:約7ドル

招待コード:発行されない

ブーストボーナス:約14ドル

上記のようにTierの階層事に受けとることができるインセンティブか異なります。

人によって資産状況も違うので、資金的に余裕の無い人はまずはTier6〜4までのMOVEZトークンをステークして試してみるのが良いかもしれません。

また、Tier1、2を獲得した人は暗号資産EARNZをエアドロでもらうことが出来るようです。

ちなみにEARNZはMOVEZとは全く異なるプロジェクトで派生する暗号資産です。

ブルージラが手掛けるX2Eプラットフォームで使用することが出来るようですが、詳細はまだ未定のため、
こちらは後日紹介したいと思います。

MOVEZの今後のロードマップ

ロードマップとしては、上記のようにホワイトペーパーで紹介されています。

ブルージラがこれまで手掛けてきたプロジェクトは軒並み価値を上げていることから、当然MOVEZにも期待を持てますし、これまでのX2プロジェクトをプラットフォーム化してトークンの相互運用検討しているようなので、単なるM2Eプロジェクトに留まらないところが他のM2Eと異なる部分であり、MOVEZの優れている部分ではあるので、
今後の開発に期待したいところです。

MOVEZアプリのリリース日

アプリのリリースは遅くても7月の上旬には行われるでしょうが、ここまでもアプリのリリース日がかなり伸びてしまっているので、中々読めないところです。

期待して待っているユーザーは将来の爆益を見越して、もう少し辛抱して待ってみましょう。

関連記事一覧

U-NEXT - プレミア配信中!『マトリックス レザレクションズ』
無料トライアル